お客さんから選ばれる一社になるためにブランディングを高める

コラム

企業が勝ち残り、成長し、お客さんから選ばれ続けるためには企業努力が必要です。
「そんなことみんなが努力しているよ」と言われるかもしれません。

しかし、営業に力を入れている、宣伝に力を入れている、低価格にしている・・・だけでは、大きな発展はありません。
企業として選ばれる強み、認知度向上、イメージアップのためにもブランディングを高める戦略を考えていく必要があります。

 

ブランディングって何のこと?

ブランディングとは、「自社のブランドに対する共感や信頼などを通じて、ユーザーにとっての価値を高めていく、マーケティング戦略の1つ」と一般的に言われています。

簡単に言うと、自社の商品やサービスを知ってもらい、「〇〇だから間違いない」「△△と言ったら〇〇だ」というように他社と同じものを提供している中でも、自社が選ばれるような戦略です。

 

企業ブランディングのメリット

企業がブランディングを高めるメリットは次のようなことがあります。

 

  • 売り上げの拡大
  • 社内の結束力、組織力
  • コスト削減
  • 価格競争に巻き込まれない(値下げをしない)
  • 資金調達、他社との取引がしやすい
  • 採用面(優秀な人材確保、社員定着)
  • 消費者にブランドという付加価値が定着
  • 信頼
  • 社員のモチベーションがアップ

 

まさに企業の理想ですよね。
ブランディングを意識することによってメリットが多く、多方面において事が有利に運びやすくなります。

例えば、スターバックスは価格を下げなくてもリピーターがいること、店舗拡大、ブランド力としての成功例です。

 

企業ブランディングの構造を知る

企業ブランディングを高めるためには、まず自社の構造を理解する必要があります。
それから現状分析をし、ユーザーから選ばれる一社となるような付加価値を探し、ユーザーへのブランド力を高めていきます。
企業が一方的に発信するのではなく、ユーザー目線で社会とつながっていく意識がポイントとなります。

 

企業ブランディングの成功例

スターバックスを例にしましたが、ロゴを見れば誰でもコーヒーを連想しますし、「スタバ」のネーミングでも通じます。
新商品の発表やドリンクのオリジナルカスタマイズでユーザーは楽しむことができ、ユーザーの心も離しません。
環境問題となっているマイクロプラスチックの問題からプラスチックストローの廃止へ取り組み、社会問題にも素早い対応でした。
企業の方針がしっかりしていて、働く人たちの価値観の共有、個性の尊重など、社員としても働きがいがあり、離職率が低いことでも有名です。

このように、「ブランディングを高める=元気がある」と消費者側に見え、企業にとってプラスのイメージにもつながります。

 

弊社でお役に立てること

弊社ではロゴ作成を始め、ブランディングの中でも企業の顔となるWeb制作、オリジナルデザインのグッズなども手掛けております。
弊社はお客様の立場で幅広い取り組みに対応できるように努めております。
弊社の事業内容に記載していない内容でも、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

<観光丸の経営理念>
私たちは、社会に喜ばれることは何かを追求し、
知行合一の精神で取り組み、
関わる全ての人に奉仕の精神を以って信頼される企業を目指します。
タイトルとURLをコピーしました