インパクトが違う!Web制作で効果的なドローンの撮影動画

コラム

スマートフォンの通信技術が進化したことや、YouTubeの利用者増大により、文字を目で追うよりも音声と動きのある動画が好まれるようになっています。

その中でもインパクトがある空中撮影動画は、地上からは見えない視点を意識し、撮影角度を様々に変えて見せ方を工夫することが可能です。ホームページ制作に取り入れたり、DVD制作、YouTubeへの利用など、益々ドローンを活用した動画は注目されていくと思います。

 

ドローンが活用されている分野とは

東京2020オリンピックの開会式で近未来的なパフォーマンスで話題になったドローンですが、さまざまな分野で活用されています。

・空中から農薬を散布
・地図制作のための測量
・災害調査
・橋、ダム、屋根などの点検
・警備、捜索
・報道
・エンターテイメント

など、空中からの技術を利用して幅広く使われ、今後はドローンで宅配をするという話もでています。企業が利用するドローンから、家庭でも楽しめるドローンまで、低価格な商品も発売されて身近な物になりました。

 

ドローンを使った動画を使用するメリット

画質が良いため、ホームページやDVD制作でも見劣りしません。ドローンは高所からの撮影だけでなく、低空飛行や狭いところでの操作も可能です。動いている被写体を追いながら撮影すると、静止画にはない臨場感を表現することができ、仕上がりが大きく変わります。

しかし、実際にドローンを使用して空中から撮影をするとなると、そう簡単に操縦することができません。

だからこそ、プロが行うドローンを使った上空からの動画撮影はインパクトがあり、スケール感が違います。

Web制作で空中撮影を取り入れることで、ユーザーの目を引き、他とは違う差別化を図る意味でもメリットがあります。

 

ドローンの撮影で注意するポイント

ドローンの操縦場所には航空法による規制があります。屋外で航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域や、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域において、無人航空機を飛行させる場合には、あらかじめ、国土交通大臣の許可を受ける必要があります。

知識不足やラジコンのような取扱いだと勘違いしていると、大事故につながる危険性もあります。

・ドローンの落下による事故
・旅客機との接触リスク
・プライバシーの侵害
・撮影禁止や制限付きのエリア

 

今後は車検のようなドローン機体認証制度も創設される方向にあり、航空法によるドローンの規制もまだまだ見直しがあるようです。

弊社ではドローン操縦士の資格を取得したスタッフが動画撮影を行っております。ホームページのトップページにダイナミックな企業PRの導入、YouTubeに使用する撮影、DVD制作まで幅広く対応していますので、どんなことでもお気軽にご相談、お問合せ下さい。

タイトルとURLをコピーしました