トリプルメディアって何?Webマーケティングに関わるならば知っておこう

コラム

トリプルメディア」・・・トリプルとあるのだから、きっと3つの何かだろうなと思いますよね。はい!その通り3種類のメディアのことです。では、その3種類とはどのような意味があるのでしょうか。今回はWebマーケティングの用語「トリプルメディア」についてお話したいと思います。

 

企業が使うトリプルメディアとは

「トリプルメディア」とは、企業が消費者にメッセージを伝えるためのメディア(媒体)を3つに分類したものです。

  • ペイドメディア(Paid)・・・広告費を払うメディア
  • オウンドメディア(Owned)・・・自社で管理・運営をするメディア
  • アーンドメディア(Earned)・・・SNSなどで消費者へ自然拡散・コミュニケーションのメディア

 

3つのメディアの関係は?

メディアを3つに分類しましたが、この3つはそれぞれ独立しながらも、オウンドメディアを中心に関係が成り立っています。それぞれの役割は何でしょうか?

  • 仲介者→ペイドメディア(Paid)・・・ネット・テレビ広告、雑誌、新聞など
  • 発信者→オウンドメディア(Owned)・・・Webサイト、自社サイト、カタログなど
  • 拡散者→アーンドメディア(Earned)・・・掲示板、各種SNSなど

コンテンツを配信するオウンドメディアを中心にブランド力を高め、短期的な集客に向いているペイドメディア、ファンを作るアーンドメディアを組み合わせたWeb戦略となっています。

それぞれが独立していますが、ペイドメディアでの広告だけでは一時的な集客となり、オウンドメディアだけでは人の目に触れる機会が少ないなど、それぞれに欠点もあります。そこを上手く組み合わせる必要があるんですね。

 

オウンドメディアが注目されている理由は?

オウンドメディアが注目されるようになったのはここ数年です。力を入れて自社サイトを作ったとしてもじっと待っているだけでは、ほとんどユーザーからのアクションは起きません。ペイドメディアばかりに頼っていると広告費が増大してしまいます。しかも、広告をクリックしないユーザーも増えてきています。

アーンドメディアも活用することにより、ユーザーからの評価、反応を見ることができ、そこからオウンドメディアを見直すことができます。自社のブランド力をあげるためには、一方的な戦略を見せるだけでなく、ユーザーの反応を見ながら改革をしていく必要があります。

ゴール、ペルソナ(ターゲット)、コンテンツをしっかり設定したオウンドメディアを構築しながら、各企業は努力をし続けているんですね。

弊社でもブランディングを高めるオウンドメディア構築のお手伝いをさせていただきます。ぜひご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました