ドメインの種類と独自ドメインを決める時の注意とは?

コラム

自社のWebサイトを立ち上げる時、インターネット上の住所のようなものである「ドメイン」が必要になります。

IPアドレスという数字の羅列では覚えにくいため、「https://〇〇〇.co.jp」のように表し、URLと言われています。ドメインにはいくつか種類がありますが、個人でWebサイトを開設する時に必要な独自ドメインのポイントとは何でしょうか。

 

用途に応じてドメインの種類がある

ドメインの末尾に注目してみてください。「.co.jp」「.com」「.net」「.org」「.info」「.tokyo」など種類は様々です。

大きく分けて、

◆用途に応じた分野別トップレベルドメイン(gTLD)
.com 商業サイトでよく見られる
.net ネットワーク関連でよく見られる
.org 非営利組の団体などでよく見られる
・・・など
◆国別トップレベルドメイン(ccTLD)
.jp 日本
.us アメリカ
.uk イギリス
・・・など

があります。

日本を表すドメイン名「.jp」にも種類があります。

 ◆汎用JPドメイン
.jp 日本国内に住所をもつ個人、組織など
  ◆属性型・地域型JPドメイン
.co.jp 日本国内で登記されている会社
.ac.jp 学校法人、大学など日本国内の教育機関
.go.jp 日本の政府機関、各省庁

など
 

独自ドメインとは?

独自ドメインとは自分で好きな文字列を指定することができるオリジナルドメインです。ドメイン取得サービスで希望するドメインが使用されていないかを調べ、契約することが出来ます。

一度取得すると、更新し続けている間、使用することができ、自分でWebサイトを開設する時には店舗にちなんだドメイン名をつけることが可能です。

 

独自ドメインを取得する時の注意は?

独自ドメインを取得すると、Webサイトのアクセス数、更新頻度などによって、検索上位に表示されるようになっていきます。ドメインがどんどん強くなっていくんですね。

簡単にドメインを取得することは可能ですが、先のことも考えて注意点に気をつけましょう。

 

名前の付け方に注意

独自ドメインの選び方、名前の付け方の注意点を意識しましょう。

・文字列が長すぎない
・l(エル)や1(数字の一)、o(オー)や0(数字のゼロ)など、わかりにくい文字は避ける
・すでにある企業名と紛らわしくならないようにする

取得した独自ドメインを利用するためには、サーバーも準備する必要があります。独自ドメインの取得費・更新費、レンタルサーバーの契約は業者により異なりますので、よく調べてから取得してください。

一般的に「co.jp」、「ne.jp」などは割高で、「com」や「net」は安価に取得できます。

 

ドメイン名を途中で変更しない

一度設定したドメイン名を途中で変更をすると、今まで積み上げてきたドメインの価値が振り出しに戻るだけでなく、混乱が乗じますので、よく考えてから取得しましょう。

 

サーバーの引っ越しが可能

独自ドメインはサーバーを引っ越ししても、使用し続けることができます。URLさえ変わらなければ、以前からのグーグルのページランクも引き継ぐことができます。長期運営により、検索順位を上げたものが無駄にならずにすみます。

 

弊社ではWebサイトの製作において、ドメインについてもお手伝いをさせていただいております。ドメインの取得、運用についてもお気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました