仕事ができる人が上手く活用しているノート術とは?

コラム

小学生の時に学校でノートの書き方を習い、成長するにつれて文房具が増え、中学、高校になると自分流のノート作りに変わっていきます。ペンで色分け、付箋貼り、イラスト入り…個性がでますよね。学生時代は勉強のために使っていたノートですが、社会人になってからも仕事でノートを活用していますか?しばらくノートから離れた生活をしていた方、仕事ができる人の「ノート術」を参考にしてみましょう。

 

ノートに書くメリットは何?

スケジュールならば、スマホや手帳で管理ができますが、あえてノートに書くこととは何でしょうか?ビジネスマンのノート利用について調べてみると、「ノートに書く」ことによるメリットが見えてきます。

  • To Doリスト
    優先順位がわかり、作業効率がアップ
  • 計画、目標
    色々なことが一気に舞い込んできてもブレずにいられる
  • ミーティング中のアイディア、意見
    そこから新しいアイディアや考えが生まれてくる
  • セミナーで感じたこと
    自分の財産になる
  • 迷っていること、考えていること、困っていること、気になること
    クールダウンの時間によって、思考の整理ができる
  • 打ち合わせ準備、まとめ
    事前に質問すること、言わなくてはいけないことなどをメモすることによって確認忘れ、聞き忘れが減る。次回の打ち合わせでも内容を把握できる。

 

ノートは書いて終わりではない!

メモに残しておくことでうっかりミスが減ります。殴り書きや乱雑に書いたメモでも、隙間時間にまとめなおすことで記憶にも定着し、頭の整理にもなります。

書きためたものは自分の財産です。その時に何を考えていたのか、どのように対処したのか、どんなことに興味があったのか…後で読み返した時に自分が蓄えてきたものが残っています。

毎日が忙しい日常の中で、ふと自分を振り返ることも大事かもしれません。

 

できる人はノートにもこだわりがある

「書ければ安いノートでもいいの?」「たくさん書くなら質より量」と思う方もいるかもしれません。しかし!できる人はノートにもこだわりがあるようです。

ノートは絵や図、表を書くこともあるので、横線だけではなく、方眼タイプがおすすめ。他には、裏写りがしにくい、にじみにくい、スラスラと滑らかに書ける、机で書く用と持ち運び用でサイズを変える、ページ数など、好みを見つけてみてはいかがでしょうか。

打ち合わせで100均ノートではちょっとカッコ悪いですよね。2000円以上のブランドノートでできる人を目指してみませんか。

タイトルとURLをコピーしました