仕事が出来る人は「早起き」の習慣がある!?あなたもぜひ明日から

コラム

先日、ニュースで気になる話題がありました。
「年収1000万円超えの人に多い習慣」という話題です。
「仕事が出来る人の習慣は何だと思う?」と聞かれたら、「新聞を毎日読んでいる」と答える方が多いのではないでしょうか。

稼いでいる人がどんな生活をしているのでしょう?

 

実は、仕事が出来る人の多い習慣というのは、「早起き」だそうです。

 

稼いでいる人の習慣で多いこと

稼いでいる人はこうしている!ということは他に何があるのでしょうか。
よく言われていることを挙げてみます。

  • 午前6時前に起きている
  • 仕事を始める時間が早い
  • ニュースを常にチェック
  • 睡眠時間は長くない(6時間前後)
  • 前日まで考えていたことを一晩おいてから、朝に決断をする
  • 挨拶がしっかりしている
  • 遅刻をしない
  • 身の回りの整理整頓
  • 身だしなみ
  • メモをとる

 

色々なことが完璧にできる人だからこそ稼げるのだとは思いますが、最近注目されていることが「朝活」です。

 

朝活で何をしているの?

「朝活」というのは、「出勤前に普段できない活動をする」というものです。
例えば取り組みやすいものでは、ジョギング、ヨガ、読書、資格の勉強などがあります。

他には卓球、婚活、合コン、カフェでモーニング、英会話、ジムなど個人でできるものから、同じ考えの人が集まって活動をするなど、多種多様です。

朝のだるい状況で仕事を始めるのではなく、体をリフレッシュし、脳が活性化された状態で、仕事にすぐ取りかかれば作業効率もアップですね。

 

稼げる人は時間の使い方が上手

稼げる人はダラダラした生活をしている雰囲気を感じません。
バリバリ働いているし、いつ寝ているのか?と、つい気になってしまいます。

しかし仕事が出来る人は、時間内に作業ができる集中力、気持ちの切り替え、後回しにしない、決断力が早い、優先順位がわかっている、趣味も楽しむ、やりたいことをやる…時間の使い方が上手だということです。

全部自分で背負うのではなく、仲間を信頼して役割分担をし、確実なポイントは自分が抑える、そこで時間を作り出して自分は違うことに時間を使う。
睡眠時間を極端に削るのではなく、早起きをすることで一日のスタートを始める習慣ができています。

三日坊主だから無理…そういう声もたくさんありますが、ちょっとした心がけで仕事の作業効率がアップするかもしれません。
まずは仕事が出来る人、稼いでいる人の生活習慣を参考にして、真似から始めてみてはいかがしょうか。

タイトルとURLをコピーしました