画像情報も検索に影響するの!?SEO対策を意識してみよう

コラム

ブログでもホームページでもワードプレスを利用する人が多くなりました。どのサイトを見ても、アイキャッチや文章の途中に画像があります。

正直、文章だらけにならないように画像を適当に散らしているだけ、みんなの真似をして並べているだけ、何も考えずに画像を貼っているだけ・・・ということはないでしょうか?

 

ウェブに関わる人は検索キーワードがめちゃ重要!

まず、画像の前にキーワード検索についてお話したいと思います。知りたい情報がある時、ネットで調べたいキーワードで検索をしますよね。

複数のキーワードを組み合わせれば、より知りたい情報を探し出しやすくなり、今の時代、瞬時に知りたいことがわかるようになりました。

 

ウェブ制作、ブログを書く人はこの検索キーワードを意識しながらタイトルを付け、文章を書いています。多くの人に目にしてもらうようになっていくと、検索による表示結果で自分のサイトが上位にくるのです。

このようにseo対策をすることによって、グーグルから評価されるため、ユーザーにサイトをみてもらうことを積み重ねながら、上位表示を目指しているわけです。

 

画像にもSEO対策があるの?

画像はただのイメージファイルではなく、SEO対策をすることによって効果があります。

サイトの検索結果による表示はグーグルによって評価されています。スピード、モバイルファースト、構造、内容など、ロボットによる解析が行われています。

 

画像は検索エンジンに、どのように扱われているのでしょうか

グーグルはあらゆるサイトの解析を行い、検索表示の順位を決めています。「サイトの内容や文章と画像が一致しているよ」という情報をこちらが提示することで、解析結果に良い影響を与えます。

また、グーグルは画像そのものを解析するというより、画像ファイル名、altテキスト、画像キャプションなどのテキスト・文字から判断されていると言われています。

 

周囲の文章と画像の説明に関連性があるかどうか、画像に情報を与えることによってグーグルも解析がしやすくなり、SEO対策となります。

キーワードから画像検索をすると関連・類似画像が多く表示されます。画像1つ1つを大事にするとメリットがあるということですね。

 

画像は情報の扱いに注意!

スマホやデジカメで撮影した写真をそのまま画像としてWebサイトに掲載してしまうと、内部情報が含まれていることがあります。

例えば、撮影日、撮影場所、位置情報、画素数・・・など、写真の情報として便利ですよね。しかし、自宅で撮影していた場合などは、個人情報の漏洩につながる可能性もあります。

位置情報がいつの間にか検索結果として表示されてしまうなんて怖すぎます。個人で撮影した写真画像は安全面に考慮した上で利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました