SEOにも効果あり!計画を立ててサイトマップを作成しよう!考えるべきポイントは何?

コラム

サイトマップとは、どのようなコンテンツ、ページがあるのかが一目でわかる一覧です。サイト内のページをリンクでまとめている感じですね。ユーザーはカテゴリーや記事一覧からサイトの構造を知ることができます。

サイトマップがあることでSEOとしても内部構造がわかりやすく、重要な役割となっています。

では、サイトマップを考える時のポイントとは何でしょうか。

 

サイトマップの目的はわかりやすい導線で

せっかくユーザーがサイトマップから何かを探そうとしていても、ただリンクが羅列されているだけでは、離脱につながってしまいます。本来は、興味ある内容へ次々に誘導できるものなので、使い方によって滞在時間を長くさせることができます。

そのため、サイトマップのページもわかりやすく表示させましょう。

 

サイトを作成する時に構造を考える

サイトを作成する時に、大きいカテゴリー、そこから枝分かれした小さいカテゴリー、そしてさらに1つ1つの記事などのページへと、分岐させていきます。

例えば、トップページ、商品紹介、口コミ、お問合せ、店舗紹介、アクセスなど大きい項目とさらに、その中で枝分かれした小さいページで作られています。

 

このカテゴリー分けが最初の段階でごちゃごちゃしてしまうと、後で整理することが困難になってしまいます。作業自体は、ページを削除したり、追加すればよいのでは?と思うかもしれません。

サイトの各ページはクローラーが巡回することでインデックスされ、検索サイトに表示されています。そのため、勝手にちょこちょこと構造が変わってしまうと、巡回してもページがない、行先のカテゴリーが変更されてしまった・・・となり、クローラー側が混乱してしまうわけです。

そして、検索順位が下がってしまうことにもなりかねません。

そのため、最初の段階である程度、カテゴリーを決めておき、サイト内の構造をしっかり考えましょう。

 

サイトマップには2種類ある

サイトマップは、ユーザーが見るHTMLサイトマップと検索エンジンに見つけてもらい、素早くインデックスしてもらうXMLサイトマップの2種類があります。

 

ワードプレスの場合、

HTMLサイトマップ・・・「PS Auto Sitemap」
XMLサイトマップ・・・「Google XML Sitemaps」

などのプラグインがありますので、有効活用するとよいかもしれません。

 

ユーザーにとっても見やすいHTMLサイトマップ、検索エンジンに見つけやすくしてもらう内部構造を伝えるXMLサイトマップ。両方を作成することで、検索順位のアップを目指しましょう。

 

弊社ではWeb制作の際、ヒアリングと共に構造を一緒に考えながらご相談、アドバイスをさせていただいております。何もわからない状態からでも、お話をさせていただきながら方向性を決めていきますので、ご安心ください。

タイトルとURLをコピーしました