Webサイトをリニューアルする目的とは?事前に知っておくべきこと

コラム

Web業界は日々目まぐるしく変化しています。今と5年前を比べてみても、様々な点で大きく進化しました。表示速度、動画コンテンツ、ブラウザの進化、新しいSNS、スマホの普及率・・・ほんの数年で、次々に当たり前に出来ることが増えています。

よく言われているのが、3~5年を目安にリニューアルするのがベストと言われています。
では、数年前に作ったWebサイトをリニューアルするタイミング、注意点とは何でしょうか。

 

サイトリニューアルの目的とは?

サイトをそろそろリニューアルしようかな、ちょっとデザインを変えてみようかな・・・と簡単な気持ちで手を出すと失敗につながりかねません。サイトリニューアルには時間も手間もかかり、プロに依頼をすればお金もかかります。事前にサイトリニューアルの目的を明確にし、サイト改善案を考えて実行しましょう。

 

1.デザインの更新

サイトのデザインは時間の経過とともに古臭さを感じてしまうものもあります。常に最新、流行である必要はありませんが、スマホに対応していない、ブラウザによって表示が崩れる、見栄えがパッとしないなど、ブランドイメージが低下しないようにリニューアルするといいですね。

 

2.機能、構造の改善

日々メンテナンスをせず、数年間放置していたようなサイトは内部的に問題点がでてきます。SEO対策がされていない、ユーザーが使いにくい導線、複雑になってしまったカテゴリ、以前のようなHTMLを書き換えないと更新がしにくいサイトなど、根本的に見直しが必要な場合もあります。

 

3.アクセス数が増加しない

売上が上がらない、問い合わせ件数が増えない、ユーザーのアクションが見込めない場合は、リニューアルによって改善が見込めることもあります。しかし、むやみやたらにリニューアルするのではなく、現状での問題点、改善による見込みなどをよく検討し、戦略的な考え方が必要です。

 

4.新しいコンテンツの追加

サイトをアピールするコンテンツを増やす、逆に縮小するコンテンツを検討するなど、サイトの構造や設計を大幅に見直すことも目的の1つになります。ターゲット層を変えることでサイト全体のデザイン、企画、機能改善をして競合他社に負けない戦略を狙ったアピールも効果的です。

 

事前準備をしっかりと

大幅なリニューアルには、時間、予算、改善点の洗い出し、設計の見直し、戦略、デザインなど労力も必要です。リニューアルによって、どのような効果を期待するのか、社員で共通認識を持ちながら、サイトマップを作り、確認しましょう。

 

思い付きで見た目だけのリニューアルにするのではなく、しっかりと改善点を把握し、競合他社と比較して足りないものを検討すること、ユーザーが使いやすい機能、導線を確保すること、アクセス数増加、検索順位のアップを見込めるような事前準備をしっかりしてください。

弊社では新規Webサイトだけでなく、既存サイトのリニューアルも承っております。お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました