ホームページ制作をするならまずは同業種・ライバルサイトをチェックすべし

コラム

自社のホームページを作成しようと考えた時、どんな機能を優先して考えるでしょうか?

パッと思いつくことは、見た目のデザインがイメージしやすいかと思います。カラー、雰囲気(スタイリッシュ、ビジネス、POP、かわいい…)など、会社の商品イメージや好みもありますし、お客様に好印象を与えたいと考えますよね。

しかし、ホームページ制作はデザインだけでは成り立ちません。表面ばかり着飾っても、内容や使い勝手が粗悪品であれば、お客様は来てくれません。

 

何も知識や経験がない状態からホームページ制作を考えている、もしくは今の自社ホームページでは物足りない、集客が少ないので変更したいということであれば、まずはライバルサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

知ってもらう&アクションを起こしてもらう

ホームページを制作するうえで大事なことは、

自社のアピールとお客様の不安要素を取り除き、アクションを起こしてもらう

ことです。

海外のネットショップで個人輸入をする時に、代行業者がよく言うことは「電話番号や住所が掲載されていないホームページは怪しい」と言われています。この会社大丈夫?と不安に思わせるようではダメですね。

掲載内容以外にも、

  • クリックするボタンのわかりやすさ
  • ページ移動のしやすさ
  • 情報量
  • 読み込み速度
  • 字の読みやすさ

…色々なことを想定して、作りこむ必要があります。

 

ライバルサイトをチェックして参考にしよう

例えば、お客様側目線で見た時、

「ライバル会社のホームページは文字がぎっしりしていて読んでいて疲れるな」

と感じた時は、自社のホームページで

「画像を取り入れてわかりやすくしてみよう」

と工夫するポイントが見えてきます。

 

ライバルサイトで「購入してほしい!」のアピールが激しく、「購入はこちらへ」のボタンが多いなと感じたのであれば、自社のHPでは表現方法を変えて誘導する工夫が考えられますね。

 

プロと話をしていくうちに見えてくる自社の強み

まっさらな状態からホームページ作成を考えると、とてつもなく大変な作業に感じるかもしれません。Web制作会社にホームページ制作を依頼するうえで、自社のアピールや見た目のデザインのことを伝えがちです。

しかし、ホームページ上で表現をする工夫は他にもたくさん考えることがあるのです。

 

弊社では、お客様とヒアリングシートを使用しながら、御社が目指していること、Webサイトから求める効果、サイトの運用状況など幅広い情報を踏まえて、ご提案をしております。

雑談の中から新たな発想が生まれるかもしれません。

経験豊富な私どもから見た御社の強みを発見し、ご要望に合わせて集客・運用がしやすいホームページ制作を目指しております。

特別な知識がなくても、ご説明してまいりますので、お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました