動画広告のニーズが高まっている!あなたの会社は乗り遅れていませんか?

コラム

YouTuberが増え、個人でも動画制作・編集・加工ができる時代になりました。1本の動画は数分間流れるだけでも、実際には撮影や編集にものすごい時間がかかっています。自分で動画制作や動画広告を作成することは可能ですが、個人でのクォリティには限界があります。

動画広告を作ってみたい、自社のHPサイトに動画を取り入れたい、やり方がわからない、本格的にかっこよいものを作りたい、時間をかけられない・・・そんな時は、プロに頼ってみてはいかがでしょうか。

 

動画広告のニーズが高まっている

SNSからもわかるように、文字(ツイッター)、画像(インスタ)、動画(TikTok)と進化し続け、YouTubeで動画を見ることは年齢に関係なく当たり前のツールになりました。どれも気軽にスマホ1つで見ることができます。多くの人が目にする部分には広告があり、その広告に動画が使われるようになっています。

一昔前は、「動画=アクセスしにくい・回線がつながりにくい」など、動画を使用することにマイナスのイメージがありました。しかし、今や通信速度も速くなり、動画広告が使われても違和感なくサイトを見ることができます。

 

動画広告のメリットとデメリット

動画広告を制作するメリットとデメリットは何でしょうか。

【メリット】
・視覚的効果が抜群
・人間の本能で動いているものをつい見てしまう
・続きが気になる
・立体的で伝わりやすい

 

【デメリット】
・コストに見合った広告の作用があるか
・制作に時間やお金がかかる
・通信速度が遅い場合は表示に時間がかかる

 

動画広告を利用する企業は、収益につなげるためにもメリットとデメリットのバランスを考える必要があります。

 

自社のWebサイトにも動画を盛り込んでいますか?

サイトに動画を埋め込むことは直接的にSEO効果があるわけではないと言われています。しかし、グーグルが求めていることは「ユーザビリティの向上」。ユーザが必要としている情報であれば、動画を利用することによって相乗効果が期待でき、結果的にSEO効果につながります。

動画を埋め込むことで、まだ行ったことがない病院や店内の様子がわかる、仕事内容がわかりやすくなるなど、ユーザにとっては有難い情報ですよね。また、サイトをきれいに見せる点でも動画は有効です。

弊社では、オートレースの臨場感あふれる動画を撮影し、編集、CM、DVD、パッケージ作成の実績がございます。専門機材で撮影しておりますので、映像に自信があります。お客様のWebサイトにきれいでかっこよい動画を取り入れたり、会社の動画広告を制作してみてはいかがでしょうか。動画全般に関するご相談を承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

タイトルとURLをコピーしました